[本文]

国名:
米国
公開機関:
ホワイトハウス
元記事公開日:
2014/03/07
抄訳記事公開日:
2014/04/07
元記事の言語:
英語

アメリカ国民に21世紀型のスキルを:2015年度STEM教育予算(1)

Preparing Americans with 21st Century Skills Science, Technology, Engineering, and Mathematics (STEM) Education in the 2015 Budget

本文:

2015 年度大統領予算教書のSTEM(Science, Technology, Engineering and Mathematics)教育関連予算は、2014年度成立予算よりも3.7%多い29億ドルとなった。配分は以下の通り。

・STEM教師を増強:4000万ドルをかけて今後10年間にわたり優れたSTEM教師を10万人増員し、STEM教育に通じる教員集団(STEM Master Teacher Corps)の試験版を立ち上げるために2000万ドルを確保。
・STEM学校の強化:K-12の教育と指導を強化するため、1億1000万ドルをかけて新たなSTEMイノベーション・ネットワークを構築し、学校地域を地元や州立、国立の資源・資料と繋げていく。また、STEM分野などの知識・技術が身につくような高度な教育を体験できるように学校改革を進める。
・学部教育におけるSTEMの充実:NSFに1億1800万ドルの予算を計上し、今後10年間でSTEM卒業生を100万人に増加させる大統領目標を実現するため、学部におけるSTEM教科の改善を行う。
・STEM指導及び学習法の研究:教育高等研究計画局(APRA-ED)に5000万ドルを計上し、STEMを含む分野の新しい学習方法や技術を研究する。

更に、予算案では連邦政府のSTEMプログラムを一新し、より戦略的な投資と結果の分析を行うように提案している。連邦政府のSTEM5か年戦略計画では次の5つの課題を掲げている。
1.K-12(幼稚園~高校)を対象とした学習指導
2.学部教育
3.大学院教育
4.STEM分野におけるマイノリティの待遇向上
5.教室外での教育活動

詳細については以下の通り。
○K-12(幼稚園~高校)教育
教育省(ED)はSTEMイノベーション・イニシアティブに3億2000万ドルの予算を計上し、教師の育成、教科の改善、地域の博物館や大学と連携した教育機会の提供などを実施する。具体的には:
・STEMイノベーション・ネットワークの構築:学校が単独ないしコンソーシアムを組み、企業、大学、博物館、連邦政府関係の研究所、ボランティアなどと連携し、生徒の学習意欲や教育指導方法を向上させるための土台を作るために1億1000万ドルを計上。このネットワークはEDの数学・科学パートナーシッププログラムに対する1億5000万ドルの予算を補足することになる。
・今後10年かけて、STEM教師を10万人増加:オバマ大統領の100Kin10目標を実現するため、5000万ドル相当の民間ファンドが二つ設立された。EDはこれを支援する形で、STEM教師の育成に対して4000万ドルの予算を計上。
・STEM教育に通じる教員集団(STEM Master Teacher Corps):全米で最も優れた数学・科学教員を集め、指導方法の研究を行うパイロット事業に2000万ドル。
・高校の授業改善:専門学校や雇用者などと連携し、現代社会で必要な知識や技術が身につくプログラムを開発するために1億5000万ドルの予算を計上。追加予算は機会・成長・安全保障イニシアティブ(Opportunity, Growth, and Security Initiative: OGSI)から提供される。
・STEM教育指導方法の特定と普及:NSFのDiscovery Research K-12に1億ドルの予算を提案。さらにEDとNIHが連携し、科学教育パートナーシップ・アワード(SEPA)プログラムに1500万ドルを投資し、生物医学研究コミュニティの知見をK-12教育に活用する。
・米軍関連の生徒にSTEM教科を提供:2011年、国防総省(DOD)は全国数学・科学イニシアティブ(NMSI)と連携し、米軍と関連する公立高校40校に大学レベル科目(APC)を提供した。今後、民間からの支援を受け、対象高校を31校追加する。

[DW編集局]