[本文]

デイリーウォッチャー
国名:
EU
公開機関:
研究・イノベーション総局
元記事公開日:
2017/01/24
抄訳記事公開日:
2017/03/07
元記事の言語:
英語

欧州委員会、女性イノベーターEU賞の最終候補者12名を選出

Meet the 12 finalists of the EU Prize for Women Innovators 2017

本文:

2017年1月24日付の欧州委員会(EC)研究・イノベーション総局による標記に関する発表記事の概要は以下の通りである。

欧州委員会は、Horizon2020が資金を提供する女性イノベーターEU賞2017の最終候補者リストを発表した。リストには、画期的なアイデアを市場にもたらした優秀な女性起業家12名が含まれている。今年のコンテストには、初めて30歳以下の女性起業家の卓越性を認識するための“Rising Innovator”という新たなカテゴリーに3名のファイナリストが参加している。ファイナリストのすべてが、革新的なアイデアに基づいて成功裡に企業を設立または共同設立した。

カルロス・モエダス 研究・科学・イノベーション担当委員は「12名のファイナリストは、全て障壁を突破し、リスクをとり、成功を収めた体験談を持つ才能のあるイノベーター達である。彼女らの成功物語は、他の女性や男性を刺激してイノベーターになろうという気にさせることができる。この新しいコンテストでは、我々はまた、次世代を元気づけて、若い革新的な起業家の業績に対して特別な評価を与えたいと考えている。」と述べた。

Women Innovatorsカテゴリーのファイナリスト9名は以下の通り:

・Ms Gema Climent(スペイン)は、神経科学と仮想現実を組み合わせて精神疾患を治療するためにサンセバスチャンにNESPLORA社を共同設立した。

・Prof Barbara Demeneix(フランス)は、エヴリーのWatchFrog社を共同設立した。これは、健康に影響を及ぼす水質と環境汚染物質をスクリーニングするための新しいソリューションを提供する。

・Ms Gemma Galdon Clavell(スペイン)は、バルセロナのEticas Research and Consulting社の創設者であり、データ集約型技術における応用と責任ある研究・イノベーションを促進している。

・Dr ClaudiaGärtner(ドイツ)は、イェーナのMicrofluidic ChipShop社の創始者であり、優れた診断のための「ラボオンチップ」システムを提供している。

・Ms ÁfricaGonzálezFernández(スペイン)は、ビーゴにNanoImmunoTech社を共同設立し、バイオセンシングとナノ毒性学の境界において革新的な製品を開発した。

・Ms Michela Magas(クロアチア、英国)は、ロンドンのデザインイノベーションラボStromatolite社の共同設立者で、革新のためのインキュベーションとテクノロジーツールキットの新世代を構築している。

・Dr. Kamila Markram(ドイツ)は、オープンアクセスの出版とオープンサイセンスにかかるITソリューションを提供する、デジタル時代の学術出版会社であるローザンヌ(スイス)のFrontiers社の共同設立者兼CEOである。

・Prof Isabel Trillas Gay(スペイン)はバルセロナにBiocontrol Technologies社を設立し、農薬による健康と環境への影響を最小限にするバイオ農薬製品を提供している。

・Ms PetraWadström(スウェーデン)はストックホルムのSolvatten社の創始者であり、ソーラーエネルギーだけで動くポータブル浄水器と給湯器を提供している。

新たなRising Innovators Awardのファイナリスト3名は次の通り:

・Dr. Mary Franzese(イタリア)は、自身の会社Neuron Guard社(モデナ)で脳損傷治療に革命を起こしている。

・Ms Sandra Rey(フランス)は、自身のバイオテクノロジー会社Glowee社(パリ)で電気を使わずに生物発光の光を作り出している。

・Ms Kristina Tsvetanova(ブルガリア)は、ウィーンにある自身の会社BLITAB Technology社で最初の『錠剤』を盲目のユーザーに提供する。

[DW編集局]