[本文]

デイリーウォッチャー
国名:
英国
公開機関:
デジタル・文化・メディア・スポーツ省(DCMS)
元記事公開日:
2017/07/06
抄訳記事公開日:
2017/08/30
元記事の言語:
英語

3つの大学による1,600万ポンド規模の5Gテスト・ネットワークの開発

Three universities to develop £16m 5G test network

本文:

デジタル・文化・メディア・スポーツ省(DCMS)の2017年7月6日付標記報道発表の概要は以下のとおり。

世界トップクラスの5G技術テスト・ネットワークには、英国を次世代モバイル技術の最先端に位置付ける狙いがある。そうすることで2030年までに最大1,730億ポンドの経済的付加価値をもたらす可能性がある。

キングス・カレッジ・ロンドン、サリー大学、ブリストル大学にある主要な5G研究機関の専門家らは1,600万ポンドの助成金を受けて最先端の5Gテスト・ネットワークを開発する。そこでは大学の専門能力と実業界のリーダーシップが一体となって技術試験を実施して、国民や企業が早期に利益を享受できるようにする。

5Gは信頼性の高い超高速モバイル接続をもたらすとともに、巨大な量のデータを処理し将来のモバイルフォンで予想される複雑なアプリケーションをサポートする能力も期待されている。また、自動運転車など社会に大改革をもたらす可能性のある新技術、先進製造技術やロボット技術、拡張現実、遠隔外科手術、スマート農業、スマートホーム、スマートシティなどでも使用される可能性がある。

このテスト・ネットワークは次世代モバイル技術の試験・実証を実施するもので、政府の次世代5Gテストベッド・試行プログラムにおける投資・協働作業4か年計画の最初の一環である。参加各大学は協力して3つの小規模モバイルネットワークを構築し、それを一体化してテスト・ネットワークを形成する。各ネットワークは実用的な5Gネットワークで予想される多数の要素(モバイル信号の受信器・送信器、5G信号を処理する技術など)を用意して、多数の潜在ユーザの試行を支援する。

本プロジェクトは既存の研究を基盤に構築するもので、英国における5Gの時宜を得た展開の実現に資するものである。次世代の5Gによる全英イノベーション・ネットワーク展開に向けた第1段階でもある。本投資ではまた、2018年前半における5Gによるエンド・ツー・エンド試験の実施を狙っている。実際の環境でアプリケーションやサービスを機能させるための5Gの能力を試験するものである。

[DW編集局]