[本文]

デイリーウォッチャー
国名:
デンマーク
公開機関:
デンマーク高等教育・科学省
元記事公開日:
2017/08/07
抄訳記事公開日:
2017/09/13
元記事の言語:
英語

2017年の高等教育課程に65,165人を受け入れ

65,165 accepted to higher education programmes

本文:

デンマーク高等教育・科学省の2017年8月7日付のニュースで、標記の記事が掲載されている。以下にその概要をまとめる。
===
デンマーク科学高等教育庁は、2017年の高等教育課程に計65,165人が入学許可されたことを発表した。中でも、労働需要のあるIT分野の課程に、これまで以上に多くの若い出願者が入学許可されたことが明らかになった。高等教育・科学大臣によると、今年の入学者数は、学生も教育機関も責任ある選択をしたことを示しているという。

IT分野は、今後労働市場にさらに大きな影響を及ぼすと見込まれるが、昨年と比べて入学者数が24%増加したIT University of Copenhagenの例を見ればこのことが明らかである、としている。また、卒業後に雇用可能性の高い教育課程に入学する学生が増えたことが2017年の一般的な傾向であり、一例として、IT University of Copenhagenに新設されたデータ・サイエンス課程には、70人の学生の入学が許可された。

2017年の高等教育課程への入学許可数は2016年と比べて1,275人(約2%)減少したが、2015年(入学者数65,301人)と同等のレベルを維持していた。また、課程ごとに大きく異なっており、たとえば工学関連課程の入学者数は増加していることが示された。

今年は、海事および芸術に関する教育機関、ならびに高等専門学校への入学者が減少したが、これは2015年と比べ、高等専門学校およびビジネス・カレッジの英語を使用した課程への入学者を約25%減らすため、教育機関と高等教育・科学大臣が取り結んだ協定も一因になっている、としている。

[JSTパリ事務所]