[本文]

国名:
EU
公開機関:
共同研究センター(JRC)
元記事公開日:
2017/09/04
抄訳記事公開日:
2017/11/27
元記事の言語:
英語

JRC、EU全域にわたり農作物および気象状況をモニターするeサービスを新たに始動

JRC launches new EU-wide crop and weather monitoring e-service

本文:

共同研究センター(JRC)の2017年9月4日付のニュースで、標記の記事が掲載されている。以下にその概要をまとめる。
===
欧州委員会共同研究センター(JRC)は、EU全域の気象状況および農作物の状況をほぼリアルタイムで確認することができる新しい画期的なeサービス、JRC MARS Explorerの運用を開始した。

JRC MARS Explorerには、今年で開始25周年を迎えるMARS農作物モニタリング速報(crop monitoring Bulletin)のデータが提供されており、様々な行政機関、産業、メディアおよび研究開発機関の多くの人々や組織にMARSの情報が役立っているが、JRC MARS Explorerの運用により、既存あるいは新規の利用者が、これまで以上に多くの頻度で、より多くのデータにアクセスできるようになる。

JRC MARS Explorerは、月に3回更新される高解像度の地図およびグラフに簡単にアクセスすることができる。事前に作成された画像には農作物と気象状況の両方が表示され、これらの画像は利用者がダウンロードし、各自の報告書で再利用することができるほか、欧州全域にわたる数千の気象観測所の観測結果に基づく気象情報、また、コンピュータ・モデルを使ったシミュレーションによる農作物関連情報も提供されている。

MARS Explorerには、次の段階のさらなる改善として、リモート・センシングに基づく指標の追加も検討されている。

[JSTパリ事務所]