[本文]

国名:
韓国
公開機関:
科学技術情報通信部
元記事公開日:
2017/10/30
抄訳記事公開日:
2017/12/20
元記事の言語:
韓国語

気候変動対応代表技術10選

「2017 대한민국 기후기술대전」개최 - 기후변화 대응 기술의 혁신 성과 확산을 위한 축제, 10.30.∼11.1. -

本文:

科学技術情報通信部は,気候変動対応代表技術10選の選定について公表した。

① 高効率,高耐久性Pb-freeエコ・ペロブスカイト太陽電池源泉素材及び素子技術開発(科学部)
② 微生物細胞工場ベースの環境に配慮したバイオイソプレン合成技術の開発研究(科学部))
③ クリーン超臨界流体プロセスによる自動車向けエコ高分子材料の開発(科学部)
④ 温室効果ガスがクリーン液体燃料に変身,CO2とメタンを原料としたメタン大量製造技術の開発(産業部)
⑤ 10MW級乾式co2回収技術の商用パッケージ技術の開発(産業部)
⑥ 気候変化への対応 ノン温室効果ガス排出係数と水管理の削減技術の開発(農振庁)
⑦ 韓牛ルーメン腸内発酵メタンの生成低減技術の開発(農振庁)
⑧ 異常気象による害虫被害発生を予防するための害虫予報システムの開発(農振庁)
⑨ 山岳地域ニューラルネットワーク!山岳気象観測網200カ所完成で森林災害予測力の向上(林野庁)
⑩ 沿岸都市の気候変動に伴う適応技術の開発(行政安全部)

〔DW編集局〕*本記事は在韓日本大使館科学官の協力を得て作成された。