[本文]

デイリーウォッチャー
国名:
ロシア
公開機関:
ロシア大統領府
元記事公開日:
2017/09/27
抄訳記事公開日:
2017/12/25
元記事の言語:
英語

大統領顧問、ロシアにおけるデジタル医療の今後を語る

German Klimenko took part in the presentation of the Third Opinion digital medicine project

本文:

ロシア大統領府の2017年9月27日付標記発表では、クリメンコ大統領顧問が進行中のデジタル医療プロジェクトについて記者会見で発言したところ、同顧問の発言概要は以下のとおり。

デジタル医療プロジェクト「第三者(専門家)意見」は独特の病状診断システムで、疾患の特定にデジタル医療画像を活用する。本プロジェクトの目標は、最新機器により得られたデータに基づいて、医師および患者に迅速な助言を与えることである。

このアプリケーションはコンピュータまたはスマートフォンで使用可能である。医療画像で病気の認識をするよう学習済みのニューラル・ネットワークを通して作動する。本プロジェクトの第1段階のベータ版がすでに導入されている。それらは病的血液細胞のアナライザーと眼底疾患の認識機能である。今後、本プロジェクトでは肺のX線検査、マンモグラフィー、CTやモバイル超音波スキャンのような領域をとり込む。

記者会見では、本プロジェクトではイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を通じて投資を呼び込むことで、国際的なソフトウェア開発コミュニティと協力しソフトウェアの規模拡大を可能にすることが明らかにされた。また、医師の国際的な連携組織と協力していくことの重要性にも言及された。

[DW編集局]