[本文]

国名:
米国
公開機関:
米国科学振興協会(AAAS)
元記事公開日:
2017/12/19
抄訳記事公開日:
2018/02/09
元記事の言語:
英語

科学関連学協会が行政管理予算局(OMB)に対して科学的助言の公正性順守を強く要請

Science Societies Press OMB to Protect the Integrity of Scientific Advice

本文:

2017年12月19日付の米国科学振興協会(AAAS)による標記発表の概要は以下のとおりである。

AAAS、その他の科学・工学協会はこのほど、連邦予算の文書で「証拠に基づく」や「科学に基づく」など7つの用語の使用を避けるように疾病対策センター(CDC)の職員が指示を受けていた旨の報道の意味するところを明らかにした。

ホワイトハウスの行政管理予算局(OMB)の Mick Mulvaney 局長に宛てた書簡においてAAASの幹部、全米の主導的学協会および高等教育機関は、政府の文書や広報における科学的に正確な情報の重要な役割を強調するとともに、用語の使用制限をすることは科学的助言の公正性にとって脅威であると述べている。

上記書簡では「科学・技術の知識は今後の研究、実験、議論、合意形成、理解の基盤である。科学的に正確な情報こそが国民や地域社会の幸福を増進する公共政策の基盤を構築する。イデオロギーや政治的理由での科学情報の選別、除去、置換は、科学的助言を受けるというプロセスの公正性を損なうものである」とも述べている。

[DW編集局+JSTワシントン事務所]