[本文]

国名:
英国
公開機関:
Innovate UK
元記事公開日:
2017/11/07
抄訳記事公開日:
2018/03/30
元記事の言語:
英語

グラスゴーが世界をリードするスマートシティになる

Glasgow becomes a world-leading smart city

本文:

Innovate UKの2017年11月7日付標記報道発表の概要は以下のとおり。

スコットランド最大の都市、グラスゴーが約1億5,000万ポンド相当の利益を得る。英国政府からのデジタル・インフラおよびオープン・データに対する2,400万ポンドの投資により、グラスゴーが世界をリードするスマートシティになる。2013年来Innovate UKを経由して投資されている2,400万ポンドは、次のようなプロジェクトを資金支援している。

・インテリジェント街路照明実証試験
照明品質の向上、エネルギー使用量削減、保守の効率化を目指すよりスマートな街灯の利用方法を示す。また予備計画においては、2か所の試験区域で、騒音の検知、移動の検知、大気汚染の検知、WiFiサービスなど生活の質や公共の安全にプラスの影響をもたらす可能性のある有用なデータを収集した。

・機能的な通行の実証試験
自転車利用者にも歩行者にも快適な都市にするための方法を示す。全ての小旅行の10%を自転車によるものとするというスコットランド政府の目標をグラスゴーが達成できるようにするための戦略に資する可能性がある。

・エネルギー効率化実証試験
正確な情報の入手機会を増やすことで、排出削減、経費節減、燃料不足問題対処のヒントを引き出すことのできる方法を示す。

・総合的社会的輸送実証試験
グラスゴーの最も弱い立場にいる一部の市民に対して、社会・教育サービスへのアクセスの支援を行う。

[DW編集局]