[本文]

国名:
ノルウェー
公開機関:
ノルウェー研究会議
元記事公開日:
2017/12/08
抄訳記事公開日:
2018/04/13
元記事の言語:
英語

ノルウェーと南アフリカが海洋研究に関する新規研究プログラムを発表

Norway and South Africa announce new research programme

本文:

ノルウェー研究会議の2017年12月8日付のニュースで、標記の記事が掲載されている。以下にその概要をまとめる。
===
ノルウェーと南アフリカは、両国間の新規研究プログラム「SANOCEAN」を開始する旨の意思表示書に署名した。

この意思表示書には、両国政府を代表して、Trine Skymoen駐南アフリカノルウェー大使と南アフリカ科学技術省Daan du Toit参事官が署名した。

署名は、ノルウェー研究会議、イノベーション・ノルウェーおよびノルウェー教育国際協力センター(SIU)から成るチームノルウェー・イン・サウスアフリカが主催するイベント“Green Maritime – Sustainable Use of the Ocean in Pretoria”で執り行われた。

SANOCEANプログラムでは、特にブルー・エコノミー、気候変動、環境および再生可能エネルギーに重点が置かれた海洋研究が実施される。

プログラムの最初の公募は2018年3月に行われ、2023年までプログラムが運営される予定である。SANOCEANは、ノルウェーと南アフリカの間で実施される4つ目の二国間研究プログラムで、南アフリカ国立研究財団とノルウェー研究会議によって共同運営されている、2013年以降19件の二国間研究プロジェクトに資金提供してきたSANCOOP共同プログラムに続くもの。

[JSTパリ事務所]