[本文]

国名:
フランス
公開機関:
国立研究機構(ANR)
元記事公開日:
2018/02/15
抄訳記事公開日:
2018/04/25
元記事の言語:
フランス語

産業講座 INFinity の開設:焼き入れ工程のデジタルモデル化

Lancement de la Chaire industrielle INFinity : Modélisation numérique des processus de trempes

本文:

国立研究機構(ANR)の2018年2月15日付標記報道発表の概要は以下のとおり。

MINES ParisTech(パリ国立高等鉱業学校)とANRはこのほど、産業講座”INFinity”(工業用焼き入れ工程の安全設計に資する革新的なマルチスケール・デジタル・フレーム)の立ち上げを発表した。この提携研究モデルは MINES ParisTech の重点戦略の一つである。

4年間で140万ユーロの予算配賦を受ける産業講座””INFinity””は、MINES ParisTech とCNRSとの混成研究ユニット(UMR7635)であるCEMEF( 材料成型センター)によって運営され、シミュレーションのための革新的なマルチスケール・デジタル・フレームのほか、焼き入れ環境と処理対象部分との間の熱交換の正確な予測を提供する。また合金の熱処理の場合のテンパリングの詳細なプロセスをソフトウェアによってモデル化することで、特に、沸騰中および金属の周囲での液相/気相の臨界相での最適な焼き入れのパラメータ設定が可能になる。

金属の焼き入れ工程は自動車、原子力、航空宇宙の産業界にかなり普及はしているが、現在ではその熟達度がこれら産業界の戦略

[DW編集局+JSTパリ事務所]