[本文]

国名:
韓国
公開機関:
科学技術情報通信部(MSIT)
元記事公開日:
2018/04/11
抄訳記事公開日:
2018/07/09
元記事の言語:
韓国語

朝鮮半島天然物革新成長戦略

출연(연)과 기업이 손잡고 한반도 천연물의 고부가가치화 추진한다

本文:

科学技術情報通信部は,政府出資研究所などに蓄積されたインフラと技術を活用し,天然物製品の科学化・標準化を通じたグローバル競争力の確保に向け体系的に推進するための「朝鮮半島天然物革新成長戦略」を公表した。

グローバルレベルの天然物製品を10個開発して22年までに世界市場シェアを2倍に拡大することを目的としており,➀朝鮮半島天然物(4,000種以上)の確保,②科学的原理の究明,③革新成長生態系の造成の3大戦略と9大細部課題を推進するとしている。また,北朝鮮地域には1,000種以上の伝統天然物が存在すると予想されており,南北関係に関わる諸条件など造成時に段階的に推進できるよう,潜在的な価値が高い北朝鮮地域の天然物を確保・活用するための南北共同研究方策を模索するとしている。

なお,天然物だけでなく,伝統文化,質の良い水など,韓国固有の価値を高めるために科学技術の役割を強化して,南北関係などの環境造成の際,朝鮮半島の固有資源を南北共同で発掘し,朝鮮半島の真価を知らしめる高付加価値製品を「朝鮮半島プレミアム」として開発していく計画であるとしている。

〔DW編集局〕*本記事は在韓日本大使館科学官の協力を得て作成された。