[本文]

国名:
米国
公開機関:
国立科学財団(NSF)
元記事公開日:
2018/05/10
抄訳記事公開日:
2018/07/11
元記事の言語:
英語

「米国産業のための人工知能」サミットでのNSFの声明

Statement on Artificial Intelligence for American Industry

本文:

5月10日付けの国立科学財団(NSF)による標記記事の概要は以下のとおりである。

5月10日に、ホワイトハウスが、学術研究者、産業界専門家、連邦高官を集めて、「米国産業のための人工知能(Artificial Intelligence for American Industry)」サミットを開催した。NSF長官フランス・コルドバ(France Córdova)が本サミットに参加し、以下の声明を発表した。

「人工知能(AI)は、米国の産業のあらゆる分野を変革している。農業をより精密にかつ効率的にし、人命を救う新たな医療診断方法を提供し、自律輸送や先進製造を実現している。NSFがホワイトハウスやその他の連邦の科学技術機関と協力して、AIなどの重要な技術の開発に米国の価値感が反映されていることを誇りに思う。NSFによる過去数十年にわたるAI研究開発に対する支援が、今日のブレークスルーの基盤を築いてきた。

NSFは未来をさらに見据えて、AI技術を成熟に導くための基礎研究を支援し、それによってすべての米国民の生活を向上させることを目指す。このAIの進展は、コンピュータシステムが知識を表現し、学習し、話し言葉と書き言葉を処理し、問題を解決する方法におよび、最終的には人間のように意図、意味、理解をどのように評価するかに至る。今日、NSFはAI研究支援のために毎年1億ドル以上を投資している。

AIのフロンティアを研究している研究者へのファンデイングに加えて、NSFは、AIがもつ全ての潜在的な利点を活用できるスキルを有した、データ能力をもった人材(21世紀の労働力)につながるような投資を行っている。こうした投資の一環として、AIが米国の労働者に新たな機会を再編し、提供する状況に対処するために、継続教育と再訓練の理解を深めるアプローチを支援している。

AIの影響力は大きく、競争力を維持するためには、すべての企業がある程度、AI企業になる必要がある。NSFはすべての企業、またすべての米国民に役立つAIの創出に向け努力していく。」

[DW編集局+JSTワシントン事務所]