[本文]

国名:
フランス
公開機関:
原子力・代替エネルギー庁
元記事公開日:
2018/04/26
抄訳記事公開日:
2018/07/12
元記事の言語:
フランス語

仏CEAと米DOEが先進ナトリウム冷却高速中性子炉および人工知能に関する意思表明に署名

Le CEA et le DOE signent des déclarations d’intention sur les réacteurs avancés à neutrons rapides refroidis au sodium et sur l’intelligence artificielle

本文:

4月26日付原子力・代替エネルギー庁(CEA)の標記発表の概要は以下のとおり。

フランソワ・ジャックCEA長官とリック・ペリー米エネルギー長官はこのほど標記意思表明に署名した。この署名により、CEAとDOEが研究開発の新しい時代に入ったことを意味し、最先端のナトリウム冷却高速中性子炉の領域における両者間の協力が強化され、人工知能における新たな協力分野が開かれる。

先進ナトリウム冷却高速中性子炉の開発に関する協力には、技術のモデル化、シミュレーションと検証、技術評価やサプライチェーンへのアクセスに関するもののほか、実験施設・技術や先端材料が含まれている。

上記と並行して両国は、データや情報を知識や専門知識に適切に変換する目的で、人工知能の技術に関して協力していく。

[DW編集局+JSTパリ事務所]