[本文]

国名:
EU
公開機関:
欧州委員会出版局
元記事公開日:
2018/06/05
抄訳記事公開日:
2018/12/17
元記事の言語:
英語

ソーシャル・イノベーションに関する有識者グループの報告

A European ecosystem for social innovation

本文:

6月5日付けの欧州委員会出版局(EU Publications)による標記記事の概要は以下のとおりである。

欧州委員会は、「ソーシャル・イノベーションのための欧州のエコシステム」というタイトルの報告書を公表した。これは、研究・イノベーション・科学政策有識者グループ(RISE)が、ソーシャル・イノベーションの潜在力、とりわけ、それがInnovation Agendaの主流となり、Horizon Europe(FP9)等で支持される方法について検討したものである。

同報告書は、以下の4つの提言をしている。

– マクロレベルでは、たとえば、欧州の都市の空気の質を大きく改善する(結果的に健康等に良い効果が得られる)ことのように、社会的要請に駆られたミッションを組み入れつつ、需要の中心となる原動力を見極めかつ支える機会が見出される。
– ミッションが成功裏に遂行されるには、有効なエコシステムが必要であり、それには有効な拡散経路を持ち、持続可能で拡大可能性のあるイノベーションに対する十分な需要を含まねばならない。
– ソーシャル・イノベーション・エコシステムは、必要な資金的支援と人材とを確保する必要がある。
– 社会起業家のトレーニングを支援するために、補完的な取り組みが必要である。

[DW編集局]