[本文]

国名:
英国
公開機関:
ビジネス・エネルギー・産業戦略省(BEIS)
元記事公開日:
2018/11/01
抄訳記事公開日:
2019/01/04
元記事の言語:
英語

新設の産業戦略会議の構成委員20名の発表

New Industrial Strategy Council meets as membership announced

本文:

2018年11月1日付ビジネス・エネルギー・産業戦略省(BEIS)の標記発表の概要は以下のとおり。

グレッグ・クラークBEIS大臣が独立した産業戦略会議のフルメンバーを発表した。産業界、学術界、市民団体のトップクラスの人材が産業戦略会議の構成委員(20名)となり、イングランド銀行のチーフ・エコノミスト Andy Haldane 氏が委員長を務める。11月1日に第1回産業戦略会議を開催し、これには首相、財務大臣、BEIS大臣も出席した。

本会議に付託された権限には、産業戦略のこれまでの効果と英国の経済成長への寄与を吟味することが含まれる。会議の任務には次の事項がある。

・産業戦略の実施に必要な一連の達成方策を提言する。
・上記方策の実施方法とその英国経済成長への寄与についてコメントする。
・達成度評価方法の改善策、特に政府全体の生産性とデータの有効活用に関してコメントする。
・産業戦略の目標達成に寄与する既存プログラムの効果を評価する方法の有効性についてコメントし、必要に応じて評価方法の改善策を提言する。
・達成方策に対する産業戦略実施の進捗状況と測定・評価の改善方法を評価して、定期的な公開報告書を発表する。

[DW編集局]