[本文]

国名:
フランス
公開機関:
国立農学研究所(INRA)
元記事公開日:
2018/10/22
抄訳記事公開日:
2019/01/07
元記事の言語:
フランス語

INRAとIRSTEAが合併して2020年1月1日から単一の研究所に

Fusion Inra-Irstea pour un institut de recherche unique au 1er janvier 2020

本文:

2018年10月22日付国立農学研究所(INRA)の標記報道発表の概要は以下のとおり。

INRAと国立環境・農業科学技術研究所(IRSTEA)は2018年10月17日、両研究所の合併による2020年1月1日付の単一研究所創設に関する進捗報告書を政府に提出した。

IRSTEAとINRAが有する分野・能力の相補性により、新しい施設の目標は、農業・食糧・環境の領域おける公的研究の世界的リーダーの一つとして、社会的主要課題に対処すことである。それらの主要課題としては、食糧と栄養の安全保障、環境衛生、アグロエコロジー、天然資源と生態系(水、土壌、森林など)の管理、生物多様性の衰退、循環経済、地域レベルでの自然リスクなどがある。世界の課題に対処してその魅力を高めるべく、この新組織では基礎研究、応用研究、分野別研究、学際的研究を組み合わせた究極の研究を展開する。

IRSTEA・INRAの各研究ユニットから構成された、新たな7部門が創設され、次の分野における研究が強化される。

・農業の農業環境学的かつデジタル的な移行
・水環境および関連するリスクの管理
・弱体化した大陸生態系の管理
・農業、食糧、農業食品産業における経済的・社会的発展
・データ科学と人工知能、ロボット技術とセンサー技術
・各地域の移行と管理の支援
・バイオ経済と生物資源

[DW編集局+JSTパリ事務所]