[本文]

デイリーウォッチャー
国名:
EU
公開機関:
報道センター
元記事公開日:
2015/02/26
抄訳記事公開日:
2015/04/02
元記事の言語:
英語

欧州委員会、抗生物質耐性に立ち向かう診断テスト開発に100万ユーロの賞を創設

European Commission launches €1m prize for a diagnostic test to combat antibiotic resistance

本文:

欧州委員会は、2015年2月26日に標題の記事を発表した。以下にその概要を紹介する。
=======

欧州委員会は、本日、患者が抗生物質での治療を必要としているか否かを診断するための簡易検査を開発した人またはチームに対して、100万ユーロの賞金(Horizon賞)を出すことを発表した。この目的は、抗生物質の過剰使用を止めて、欧州だけで毎年2万5,000人の死者を出し、15億ユーロを超える医療費負担と経済損失を引き起こしている耐性菌の抵抗力の上昇に歯止めを掛けることである。

こうした簡易検査があれば、医師たちは上気道感染症(風邪・気管支炎・耳炎など)の患者に対して抗生物質を使用せずに安全に治療することが可能かを簡単に診断することができる。上気道感染症は、その多くがウィルスが原因であるにもかかわらず、効果がなく必要もない抗生物質処方の主な理由となっている。

この抗生物質のよりよい利用のための”Horizon賞”の目的は、抗菌剤耐性(AMR)の上昇の主要原因の一つである不必要な抗生物質を患者が摂取することを食い止めることである。

このHorizon賞により、飛躍的な問題解決策によって特定の課題に最も効果的に取り組むことができた人に対して、賞金が与えられる。参加者は、最も将来有望で、効果的な解決策を見つけるための完全な自由を与えられる。受賞基準は、安く、迅速で、医療従事者が簡単に利用できる、患者に対してできるだけ非侵襲性の検査である、ということだけだ。

本コンテストの規定は、現在オンライン上で閲覧できる。コンテストへの参加登録は、2015年3月10日から2016年4月16日までである。

なお、“Horizon賞”は、EUの研究イノベーション・ブログラムであるHorizon 2020のもとで欧州委員会によって創設された新しい賞であり、イノベーションを活性化し、欧州市民にとって重要な問題の解決策を見つけることを目的としている。2015年に、少なくとも5つのHorizon賞が健康・環境・情報通信技術(ICT)の分野で創設され、賞金総額は600万ユーロになる。本賞は、その5つの賞の一つである。

<関連リンク>
抗生物質のよりよい利用のためのHorizon賞:
http://ec.europa.eu/research/horizonprize/index.cfm?prize=better-use-antibiotics

[DW編集局]