[本文]

国名:
中国
公開機関:
中国科学報
元記事公開日:
2017/06/22
抄訳記事公開日:
2017/08/10
元記事の言語:
中国語

中国科学院創客学院-スタンフォード国際創業キャンプ、世界で創業プロジェクト及びチームを募集

中科-斯坦福国际创业营全球征集创新项目和团队

本文:

2017年6月22日付の「中国科学報」ネット版は、「中国科学院創客学院-スタンフォード国際創業キャンプ、世界で創業プロジェクト及びチームを募集」と報じた。本記事ではその概要をまとめる。

6月21日、「中国科学院創客学院(メイカーを支援する教育プログラム)-スタンフォード国際創業キャンプ」は中国科学院深セン先進技術研究院で始まった。本国際創業キャンプは世界から100余りの最優秀、成長性を持つ技術革新プロジェクトチームを募集し、革新精神に富むメイカーズにハイレベルな双創(創新・創業)資源を結合させ、中国から世界に向かって発進することを目指す。

SRIインターナショナルは1946年にスタンフォード大学の付属機関として設立、1970年にスタンフォード大学から独立し、国際コンサルティング研究機関としてSRIへと改称した。現在、SRIは3,000名余りの専従研究者を擁し、70カ所の実験室を持って、Siri(iOSやMacOS Sierra向けアシスタント機能アプリケーションソフトウェア)、手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ(da Vinci Surgical System)」(最先端の手術支援ロボットとして1990年代に米国で開発され、1999年よりIntuitive Surgical社から臨床用機器として販売される)等を含む孵化した科学技術企業は60社を超えた。

「中国科学院創客学院-スタンフォード国際創業キャンプ」は中国において、SRIから独占権限を授けられた機関として、中国科学院創客学院とSRIインターナショナルの共同運営により設立された。同キャンプはSRIインターナショナル、中国科学院創客学院が主導する工房を通じて、しかも産業経験に富むメンターのサポートによりプロジェクトの加速・孵化を実現することを目標としている。

第一期30件の革新プロジェクトのうち、「Her-自然言語人工知能システム」、「中津科創OXIAMEM平板型汚水処理膜」(中津科創「アモイ」膜技術有限公司)の2件のプロジェクトは頭角を現わし、現場の投資家と革新産業者の注目を集めている。主催者の紹介によると、同創業キャンプでは、中国科学院内外の優秀な博士、ポスドクからの創業プロジェクトとして、養成、資源マッチングを通じて10件の優秀なプロジェクト計画を選出し、基地の孵化成果として2017年中国国際ハイテク技術成果技術交易会の創客出展に参加する見込みである。

当日、国家双創(創新・創業)モデル基地第二期の深セン市唯一の大学と科学研究機関のモデル基地として、「中国科学院深セン先進技術研究院双創モデル基地」の建設が始動された。同モデル基地は「1の本部+1の専業サービス機構+5の革新型キャリヤー」という双創生態系を構築し、毎年、100名の海外帰国者を誘致し、300名の研究生を育成しようとするものである。それと同時に、中国科学院創客学院は延べ数万人の双創(創新・創業)人材を育成し、多レベルの双創(創新•創業)人材育成体系が形成され、影響力を持つ産業群を育成し、深セン先進技術研究院は双創(創新・創業)に用地、資金、市場、管理サービスを提供する。

2016年までに、中国科学院創客学院は171件のハイテク創業プロジェクトを育成し、獲得したエンジェル投資或いは市場販売したプロジェクトは全体の18%(30件)を超え、延べ17,300人の創客にサービスを提供し、800名以上のメイカーを育成し、社会に対して1,500余りの職場を提供した。

※ メイカームーブメントとは、ウェブ世代が現実世界と交わるところがあり、世界中のガレージがオンライン化し、「仕事」と「デジタルツールの利用」を同時にすると起こるムーブメントで、デジタルファイルやCADや3Dプリンターなどを使う、デジタル製造の潮流を指すトレンドのことである。イカームーブメントに参加する個人を「メイカー」と呼び、日本語で家電製造業者を指す「メーカー」とは区別される。

[JST北京事務所]