[本文]

デイリーウォッチャー
国名:
デンマーク
公開機関:
デンマーク高等教育・科学省
元記事公開日:
2017/09/25
抄訳記事公開日:
2017/12/11
元記事の言語:
英語

中国との教育・研究・産業パートナーシップを促進する拠点を設立

New Opportunities Within Education, Research and Industry in China

本文:

デンマーク高等教育・科学省の2017年9月25日付のニュースで、標記の記事が掲載されている。以下にその概要をまとめる。
===
このほど、デンマーク王国皇太子の出席のもとデンマーク産業財団会館(House of the Danish Industry Foundation)が落成し、デンマークと中国の大学間パートナーシップの拠点が設立された。今後この施設に、多くの学生や研究者、企業、組織が関わることが期待されている。

デンマークと中国の大学のパートナーシップ「中国-デンマーク教育研究センター(Sino-Danish Center for Education and Research : SDC)」が始動すれば、会館は両国の研究者や学生たちが集う場となり、また両国の企業や各機関も入居する予定である。デンマーク企業にとっては、中国の巨大な市場にアクセスできる独自の拠点となる。

SDCは、デンマーク国外における教育および研究に関するデンマーク最大のベンチャーで、デンマーク産業財団会館は両国大学間パートナーシップを強化するための独自の枠組みとして役割を果たすことになる。

2012年にSDCの最初の基本計画がスタートして以来、両国から毎年150人の学生がプログラムに受け入れられており、そのうち50人はデンマークの大学からの学生。この制度により、デンマークおよび中国の企業は、国際的な視点を持つ、多文化に対する理解と高い専門技能を備えた両国の学生と接触する機会を得ることができる、としている。

会館の建設費用計9,900万デンマーク・クローネはデンマーク産業財団が出している。

[JSTパリ事務所]