[本文]

デイリーウォッチャー
国名:
EU
公開機関:
欧州委員会研究・イノベーション総局
元記事公開日:
2017/10/09
抄訳記事公開日:
2018/01/05
元記事の言語:
英語

研究とイノベーションにおけるパートナーシップが経済を押し上げ

Commission review states that partnerships in research and innovation boost the economy

本文:

欧州委員会(EC)研究・イノベーション総局の2017年10月9日付標記発表の概要は以下のとおり。

EU、民間セクター、および加盟国間の研究パートナーシップが、人々の生活向上や欧州の国際競争力の強化という目的に向けて順調に進んでいる。このことが、このほど欧州委員会が発表したHorizon 2020(EUの770億ユーロの研究・イノベーション枠組みプログラム)が支援する官・民パートナーシップおよび官・官パートナーシップに関する中間評価結果で確認された。広範囲のセクターで活動することで、このパートナーシップでは貧困に起因する病気の治療法の開発、環境に優しい輸送技術の設計、中小ハイテク企業の支援などに当たっている。

・官・民パートナーシップ7件の評価
これらパートナーシップはEUの競争力と政策目標に直接貢献している。主要な利点としては、主要な産業パートナーを国境を越えて取り込み、各セクター内での分断を克服できることにある。

※この7件のパートナーシップは、7年間で総額195億ユーロの研究・イノベーション投資を占めている。そのうちEUの分担として73億ユーロが予定されていることで、民間セクターおよび加盟国からの122億ユーロの投資に道が開かれると期待されている。

・官・官パートナーシップの評価
EU加盟数か国、Horizon 2020関連諸国、場合によっては第3国で構成するこのような大型共同研究・イノベーション・プログラムが、欧州内外でのより効果的、より効率的な協調・協力を行うのに役立っている。例えば欧州におけるあらゆる計量学関連研究の約50%が、研究・イノベーション向け欧州計量学プログラムに統合されている。

※過去10年間に5件の官・官パートナーシップに対して、EU、加盟国、Horizon 2020関連諸国、第3国により55億ユーロ強の共同投資が行われており、2018年には第6件目のパートナーシップが開始される予定である。

[DW編集局]