[本文]

国名:
米国
公開機関:
下院科学・宇宙・技術委員会
元記事公開日:
2017/12/19
抄訳記事公開日:
2018/02/13
元記事の言語:
英語

米下院、超党派による科学委員会法案を可決

Science Day in Congress: House Approves Bipartisan Science Committee Bills

本文:

2017年12月19日付の下院科学・宇宙・技術委員会による報道発表によれば、米議会下院はこのほど超党派による以下の4件の科学法案を可決した。

・「STEM(科学・技術・工学・数学)研究・教育の有効性・透明性」法
STEM分野への参加者拡大を狙った国立研究財団(NSF)の研究・教育プログラムの有効性に関する報告を規定し、連邦政府研究助成の適用評価および科学系全省庁の成果に関するさらなるデータを要求する。

・「STEM専門職の熟練者支援」法
STEM教育、コンピュータ科学、科学研究および雇用における熟練者の関与を推進する。

・「航空宇宙教育における女性」法
NSF授権法(NSF Authorizaiton Act)を改正し、奨学金プログラムを通じて女性の航空宇宙人材供給源を強化する。

・「米国消防庁、AFG、SAFER各プログラム再認可」2017年法
米国消防庁(USFA)、消防士支援助成プログラム(AFG)、火災予防・安全助成プログラム等を再認可する。

[DW編集局+JSTワシントン事務所]