[本文]

国名:
米国
公開機関:
下院科学・宇宙・技術委員会
元記事公開日:
2018/04/24
抄訳記事公開日:
2018/05/28
元記事の言語:
英語

米国議会下院が「イノベーターから起業家へ」法案を可決

House Approves Innovators to Entrepreneurs Act

本文:

4月24日付、米国議会下院の科学・宇宙・技術委員会(CSST)の標記記事の概要は次のとおりである。

米国議会下院は両党派の合意により、「イノベーターから起業家へ」法案を可決した。この法案は国立科学財団(NSF)のイノベーション部隊(I-Corps)プログラムを更新するもので、商業化に備える研究ベンチャーを支援するコースを開発するようNSFに要求するものである。

この法案の支持者であるCSST委員会議長のスミス氏(共和党)は、「この法はI-Corpsをより強化し、イノベーションを活発化する。」と述べ、リピンスキー氏(民主党)は、「この法により、もっと多くの科学者やエンジニアが起業し、米国でのイノベーションを解き放ち、新しい雇用を生み出す。米国の未来はイノベーションを通じた雇用創出にかかっており、I-Corpsは連邦政府により支援された研究がイノベーティブな製品やサービスに変わることを実証してみせた。」と話す。ウェブスタ―氏(共和党)も、「この法により、I-Corpsに新しいコースが加わることで、イノベーションを製品・サービスに変える際の障害に対処できる。」と語る。

背景:I-Corpsプログラムは科学者・エンジニアを教育して、彼等の研究結果を起業に結び付けるようにするプログラムである。今回の法の要旨は次のとおりである。

・ 中小企業イノベーション研究(SBIR)と中小企業技術移転(STTR)のグラントの一部をI-Corps支援に充てることで、I-Corps参加者を増やす。また、一般市民もI-Corpsに自費で参加できるようにする。
・ 商業化に備えた研究ベンチャーのための新しいI-Corpsコースを設け、会社組織、投資勧誘、雇用などのスキルを教える。

[DW編集局+JSTワシントン事務所]