[本文]

国名:
韓国
公開機関:
大韓民国原子力安全委員会
元記事公開日:
2018/03/22
抄訳記事公開日:
2018/06/29
元記事の言語:
韓国語

原発周辺住民10万人調査

「방사선 건강영향평가」로 국민의 안전을 지키겠습니다

本文:

原子力安全委員会は,原発の運営と放射線利用が国民の健康に及ぼす影響を調査する「放射線健康影響評価推進方策」を公表した。

2019に調査方法を設計し,2020年から本格的に調査して,癌などの疾患発生に長期間の潜伏期間があることなどを考慮して,5年単位で追跡調査するとともに,放射線従事者の調査は4月から開始し5年周期で継続観察するとしている。また,健康影響評価の一環として,全国の放射線露出の現況を調査して環境放射線統合DBを構築(2022年)し,地域別平均環境放射線量と平均健康情報を比較するなど,原発周辺住民の健康影響評価に活用する予定としている。

〔DW編集局〕*本記事は在韓日本大使館科学官の協力を得て作成された。