[本文]

国名:
英国
公開機関:
財務省
元記事公開日:
2018/03/29
抄訳記事公開日:
2018/06/29
元記事の言語:
英語

次年度国防予算に8億ポンド追加を認可

£800 million agreed for defence

本文:

財務省および国防省の2018年3月29日付標記発表の概要は以下のとおり。

標記追加予算には2015年に発表された「緊急事態予算」からの支出額6億ポンドが含まれ、英国の世界トップクラス新型原子力潜水艦の予定どおりの納入が確保される。これは「戦略的国防安全保障レビュー(Strategic Defence and Security Review)」で認可された310億ポンドの予算の範囲内にある。

加えて2億ポンドが今年前半の「追加見積もり」で認可されている。

英国海軍潜水艦は常時哨戒の任に当たっており、ほぼ50年間海上における抑止力を継続提供している。次世代潜水艦はこの任務の今後の継続を確保するもので、紛争の抑止と国の防衛に一日24時間、週に7日、年に365日態勢で当たることを可能にするものである。

[DW編集局]