[本文]

国名:
フランス
公開機関:
高等教育・研究・イノベーション省(MESRI)
元記事公開日:
2018/09/26
抄訳記事公開日:
2018/12/14
元記事の言語:
フランス語

科学・技術・産業文化に関する国家戦略

Le Conseil national de la culture scientifique, technique et industrielle

本文:

2018年9月26日付高等教育・研究・イノベーション省(MESRI)の標記発表の概要は以下のとおり。

国家科学・技術・産業文化会議(CNCSTI)は、国家研究戦略(SNR)と連動して、国家CSTI(科学・技術・産業文化)戦略の策定とフォローアップの任務を負う。

● 背景

7月22日付の高等教育・研究関連法は、CSTIと科学社会との関係の重要性を確認している。同法はこれを研究施設や高等教育機関の任務に含め、各地域に各々の地域の科学・技術・産業文化施策の調整責任を移転することによる、各地域における科学・技術・産業文化の実行機関の役割に注目している。

これを補完する原則に基づく新たなガバナンスでは、実行当事者間のネットワークを活性化して調整し、プロジェクトを立ち上げ、地域で実施される活動を財政的に支援する中心的役割を各地域が果たすとしている。方針を策定し、優先事項を定め、好ましい環境を整備し、実行当事者を支援し、イニシアチブを喚起して促進するのは、国の任務である。

● CNCSTI の任務と組織

CNCSTIは、文化、高等教育、研究を担当する閣僚の下に置かれている。研究戦略審議会が提示した国家研究戦略の主たる方針に沿って、次のような任務を負う。
・フォローアップの対象となる科学、技術、産業文化の発展に関する国家戦略策定に参画する。
・必要に応じて、構成メンバーに共通の施策、つまり科学、技術、産業文化に関わる当事者全体が共有する施策を提言する。
・研究、文化を担当する閣僚に科学、技術、産業文化の活動に関する年次報告書を提出する。

● CNCSTI の構成

科学・技術・産業文化会議の議長は、文化と研究を担当する大臣の共同政令によって任命される。本会議は、議長に加えて次のように配分された21名のメンバーを含む。

・政府および公的機関の代表11名
・議長が指名するフランスの地域団体代表3名
・関連団体の代表2名
・科学・技術・産業文化に関する有識者5名

[DW編集局+JSTパリ事務所]