[本文]

国名:
米国
公開機関:
全米科学・工学・医学アカデミー(NASEM)
元記事公開日:
2018/11/29
抄訳記事公開日:
2019/01/29
元記事の言語:
英語

ヒトゲノム編集に関する第2回国際サミット組織委員会の声明

Statement by the Organizing Committee of the Second International Summit on Human Genome Editing

本文:

11月29日付、全米科学・工学・医学アカデミー(NASEM)の標記記事の概要は次のとおりである。

2015年12月ワシントンDCで、全米科学アカデミーと(NAS)と全米医学アカデミー(NAM)、英国王立協会、中国科学院は、ヒトゲノム編集に関する科学、倫理、ガバナンス問題について議論するための国際サミットを開催した。サミット組織委員会は声明文を発表し、現行の規制・ガバナンス規約の中で進めることができる研究分野と臨床使用を特定した。また、遺伝性の生殖細胞系の編集を進めることは無責任であろう、とした。さらに、この急速に進歩している技術の潜在的利益、リスク、および監視について、国際的に議論を続けることが必要であるとしている。

ヒトゲノム編集についてより掘り下げた、国際的な議論をすべく、香港科学アカデミー、英国王立協会、NASとNAMは香港でヒトゲノム編集に関する第2回国際サミットを開催し、ヒトゲノム編集が進化を遂げている科学的状況、臨床応用の可能性、付随する社会的反応について評価することとした。第2回サミット組織委員会は体細胞遺伝子編集が臨床試験に急速に進んだことを称賛するが、現段階で生殖細胞系の編集を臨床に使うことは、まだ無責任であると考える。

ヒトゲノム編集研究
体細胞および生殖細胞系ゲノム編集の基礎および臨床前研究は急速に進んでいる。体細胞遺伝子編集は今、患者へのテスト段階である。

胚や配偶子のDNAを変えることにより、病気の原因となる突然変異体を持つ親が、健康で遺伝的につながった子供を持てる可能性がある。しかしながら、胚であれ配偶子であれ、遺伝性のゲノム編集はリスクを伴うものであり、未だ評価が難しい。懸念されているのは、早期段階の胚のある細胞にのみ編集がなされ、編集されなかった細胞は疾病を持ち続けることである。生殖細胞系の編集はある個人に思いもよらぬ危害を及ぼす可能性があるばかりでなく、その個人の子孫にも及ぼすかもしれない。ある形質を変化させることで、他の形質に思いもよらぬ効果をもたらすことがあり、それは人によって異なり、環境に影響されることもありうる。

組織委員会は、臨床実施をするための科学的理解と技術的要件はあまりにも不確かで、現時点でゲノム編集の臨床試験を許可するにはリスクが大きすぎる、と結論づけた。しかしながら、過去3年間の進歩と現在のサミットでの議論は、このような試験に向けて厳密で、責任ある橋渡し経路を決めるときが来たことを示唆している。

生殖細胞系編集の臨床利用報告
このサミットで予想しなかった、ひどく混乱させる報告があった。人間の胚が編集され、移植され、妊娠となり、双子が誕生した、というものだった。我々は独立した評価がなされ、報告されたDNA変更が本当に起こったのかどうかを確かめることを推奨する。変更が証明されても、そのプロセスは無責任であり、国際規範を順守していない。不適切な医学の兆候であり、計画性のない研究手順であり、研究対象の福祉を守るための倫理的基準に適合しておらず、臨床手続きの策定・審査・実施過程において透明性に欠けている。

[DW編集局+JSTワシントン事務所]