[本文]

国名:
スウェーデン
公開機関:
スウェーデン戦略財団(SSF)
元記事公開日:
2013/06/25
抄訳記事公開日:
2013/07/31
元記事の言語:
英語

感染生物学

Infection biology

本文:

スウェーデン戦略財団 (SSF)の2013年6月25日付のニュースで、標記の記事が掲載されている。以下にその概要をまとめる。
===

スウェーデン戦略財団(SSF)は、感染生物学の分野に関連する9件のプロジェクトに計2億2,500万スウェーデン・クローナの資金を提供することを決定した。これらのプロジェクトは新しい知識をもたらすと期待されており、こうした知識は、マラリアやコレラの治療法の発見や、新しい抗生物質、診断テスト、ワクチンの開発などに利用される可能性がある。

この相乗効果を目的とした補助金計画(synergy grant programme)の正式名称は、「感染生物学―疾病に関連する微生物/寄生生物と宿主(人、家畜、植物、森林の樹木など)間の相互作用における分子機序(Molecular mechanisms in the interplay between microorganisms/parasites and their hosts (man, domestic animals, plants and forest trees)」である。

[JSTパリ事務所]