[本文]

国名:
フィンランド
公開機関:
フィンランド技術庁(Tekes)
元記事公開日:
2013/06/26
抄訳記事公開日:
2013/07/31
元記事の言語:
英語

Tekesとスコルコヴォ基金が協力協定を締結

Tekes and the Skolkovo Foundation concluded a cooperation agreement

本文:

フィンランド技術庁(Tekes)の2013年6月26日付のニュースで、標記の記事が掲載されている。以下にその概要をまとめる。
===

6月25日、クルタランタにあるフィンランド大統領の夏の別荘で開かれたロシアのプーチン大統領とフィンランドのニーニスト大統領の会談の際に、Tekes(フィンランド技術庁)とスコルコヴォ基金(Skolkovo Foundation)間の協力協定の調印が行われた。

協定に調印したのはTekesのPekka Soini理事長(Director General)と、スコルコヴォ基金のヴェクトル・ヴェクセリベルク(Victor Vekselberg)総裁である。スコルコヴォ基金は、モスクワ郊外の特別経済区で、ロシア政府の保護を受けて研究ならびに成長企業の振興を図っている。

Tekesとスコルコヴォ基金の間で調印された協定は、フィンランドとロシアの関係者の協力関係をさらに密にし、かつ双方向的にするきっかけとなる。両組織のクライアントには、ネットワークの構築や協力のための新たな機会が提供され、共同プロジェクトの資金供与プログラムが開始される。
フィンランド-ロシア共同プロジェクトへの資金供与プログラムは、協力関係の促進を目的に策定される。第一段階では、計画に基づき、資金供与プロジェクトの共通原則ならびに第一回公募のテーマと日程が決定される。両組織は、それぞれの規定に基づいて自国企業に資金を提供するが、資金提供プロジェクトに関する決定は両者の協議のもとに行われる。

[JSTパリ事務所]