[本文]

国名:
ロシア
公開機関:
ロシア教育科学省
元記事公開日:
2016/05/24
抄訳記事公開日:
2016/06/17
元記事の言語:
英語

ロシアにおける大学の国際競争力強化プロジェクトProject 5-100の概要

World-Class Russian Education

本文:

ロシアにおける大学の国際競争力強化の動きに関して、2016年5月24日付時点のロシア連邦教育科学省による標記プロジェクトに関する発表内容から、その概要を以下に記す。

ロシアには大学が950校あり、そのうち548校が国公立大学、402校が私立大学である。これらの大学が総数39万名を超える学生を擁する。”Project 5-100″(世界大学ランキングの上位100校にロシアの大学を5校以上入れる)の目標は、選ばれたロシアの主要大学の競争力を世界の研究・教育市場において最大限に高めることにある。

・主要目標
-ロシアの大学の研究能力を構築する
-教育プログラムの内容と質を国際的最高水準に引き上げる
-世界クラスの知的産物を生み出す
-ロシアの大学が長期的に競争上優位であるために、システム・制度・インフラに係る各方策を策定し実施する
-教育、起業家精神、およびイノベーションを一体化し、教育サービスの輸出増進を図る

・本プロジェクトが2020年までに期待する成果
-大学学部の国際化————–10%以上
-留学生の受け入れ—————15%以上
-世界ランキングにおける獲得順位—-100位以内

・ロシア主要大学の競争力強化に関する評議会
2013年春に政府が設置した「世界の研究・教育拠点におけるロシア主要大学の競争力強化に関する評議会」は、恒久的な国際諮問機関として、大学の発展に伴う諸問題を検討するための組織である。各大学からの業務計画報告を審査し、各業務の遂行に必要な経費を提示し、選定された大学の継続的支援においてなすべき事項をロシア連邦教育科学省に伝達する。評議会の構成メンバーは、国内外の学術界の代表、教育改革担当の政府高官、著名な海外の専門家や高等教育問題の学者で構成される。議長はロシア連邦教育科学大臣が務める。

・本プロジェクトへの参加大学
“Project 5-100″に参加している大学は、コンペティションを勝ち抜いたサンクトペテルブルク国立情報技術・機械・光学研究大学(ITMO)等21校である。選定された大学は各々の卓越したプロジェクトの進行状況について、上記評議会とロシア連邦教育科学省に報告する。世界大学ランキングに入るなど、その行動計画(ロードマップ)を実現することが助成する重要条件となる。また、当該選定大学は予算外の財源から資金を確保できる能力を証明する必要がある。

・予算等
2016年度連邦予算で、”Project 5-100″における選定大学21校に対して支払い可能な109億2,700万ルーブルの助成金が認可されている。

[DW編集局]