[本文]

国名:
EU
公開機関:
研究・イノベーション総局
元記事公開日:
2017/04/05
抄訳記事公開日:
2017/05/30
元記事の言語:
英語

Horizon 2020に対し2億ユーロの予算を追加

Horizon 2020 to be topped up with €200 million

本文:

2017年4月5日付の欧州委員会(EC)研究・イノベーション総局による標記に関する発表記事の概要は以下の通りである。

欧州議会は、3月7日にEU加盟国との間で合意に達したEU予算の中期的な見直しについての妥協案を採択することにより、EUの研究開発ファンディングプログラムであるHorizon 2020に2億ユーロの資金を追加することに同意した。 欧州理事会の最終的かつ正式な承認は、今後数週間内に行われる見込みである。

Horizon 2020に対する2億ユーロの追加資金は、EUが、移民危機、安全保障の強化、成長の促進、雇用創出などの緊急の課題に取り組むための60億ユーロの追加予算の一部である。

カルロス・モエダス研究・科学・イノベーション担当欧州委員は「これは、欧州委員会が、市場創造型イノベーションの促進や優れた研究の支援、ビッグデータの共有、欧州諸国間に存在するイノベーション格差の是正など、重要領域に対し追加的に資金を投じることのできる、非常に貴重な機会である。」と述べた。

Horizon 2020年に追加される2億ユーロの一部(5,000万ユーロ)は、2017年度予算として、すでに採択されている。追加ファンディングの内訳は次の通りで、2016年10月の欧州委員会の提案に沿った配分となっている。
・欧州研究会議に対する5,000万ユーロ(そのうちの1,670万ユーロはすでに2017年度の予算に含まれる)
・Horizon 2020の「エクセレンスの普及と参加拡大」プログラムのための5,500万ユーロ(そのうち、1,670万ユーロはすでに2017年度の予算に含まれる)
・欧州イノベーション会議のための5,000万ユーロ(中小企業におけるイノベーションに向けた研究および技術開発(RTD)を対象としたもの)
・Horizon 2020の一部であるブレークスルー技術および産業技術におけるリーダーシップ(Leadership in Enabling and Industrial Technologies)のもとにおける「高性能コンピュータ」のために4,500万ユーロ(うち1,670万ユーロはすでに2017年度の予算に含まれる)

[DW編集局]