[本文]

国名:
米国
公開機関:
エネルギー省(DOE)
元記事公開日:
2019/02/25
抄訳記事公開日:
2019/04/25
元記事の言語:
英語

DOEが波力エネルギーを利用した海水淡水化に関する懸賞コンペティションを発表

Prize Builds on DOE Efforts to Spur U.S. Innovation through Competition to Accelerate Technology Development

本文:

2019年2月25日付のエネルギー省(DOE)による標記発表の概要は以下のとおりである。

DOEは、波力エネルギーを利用した海水淡水化システムにおけるイノベーションの促進を狙った懸賞コンペティションを発表した。この”Waves to Water”賞では、一連のコンテストを通して技術開発を加速すべく米国のイノベータを鼓舞する。遠く離れた沿岸や島のコミュニティに飲料水を届ける目的で海洋の力を利用する、小型のモジュール式でコスト競争力のある淡水化システムの実証試験が対象となる。

250万ドルの賞金により、イノベータは、初期構想から技術設計、プロトタイプ開発、現場での試験システムに至るまでの道筋の支援を受けることができる。これらはコストのかかる電力集約型の淡水化プラントに代わるものとして、動力源として波力のみを使用するものである。本賞が目指す達成目標は次の3項目である。

  • 小規模モジュール式波力海水淡水化の経済的基盤を評価する。
  • 淡水化と海洋再生可能エネルギーとの融合を実証する。
  • 淡水生産、設置の容易さ、コスト、信頼性/存続性に関する定量化が可能なベンチマークを満たすフィールド・テスト環境で技術を検証する。

[DW編集局+JSTワシントン事務所]