[本文]

国名:
英国
公開機関:
原子力廃炉措置機関
元記事公開日:
2019/11/04
抄訳記事公開日:
2019/12/26
元記事の言語:
英語

原子力サイトのクリーンアップを衛星で支援

Satellites set to help clean up nuclear sites

本文:

2019年11月4日付原子力廃炉措置機構(NDA)の標記発表の概要は以下のとおり。

NDAは、英国宇宙庁(UKSA)と協力して、地球を周回する衛星によって収集されたデータを原子力浄化ミッションの有用な知見に変えることができるかどうかを探究する。

「原子力廃炉措置宇宙データ・チャレンジ」が、このほどUKSAによって開始された。これは中小企業や学術界からのスタートアップを対象としている。受賞したコンセプトやプロトタイプ製品に対してNDAによる1万ポンド相当の賞金が提供され、市場で実用化に至るまでの過程を支援する。

NDAとUKSAの非公式の対話は数年前に遡り、宇宙セクターの一般的な認識を高め、その能力、特に地球観測データを、地上の動きの監視や建物の検査などの遠隔活動に使用する方法に焦点を当ててきた。

遠隔モニタリングは、原子力セクターに利益をもたらす可能性のある衛星技術の利用の一つの例にすぎず、探求できる多くの機会がある。

[DW編集局]