[本文]

国名:
フランス
公開機関:
原子力・代替エネルギー庁(CEA)
元記事公開日:
2019/10/18
抄訳記事公開日:
2020/01/06
元記事の言語:
フランス語

CEA、EDF等の4機関が Nuward (小型モジュール型原子炉共同プロジェクト)を発表

CEA, EDF, Naval Group et TechnicAtome présentent Nuward : projet commun de “petit réacteur modulaire"

本文:

2019年9月17日付原子力・代替エネルギー庁(CEA)の標記報道発表の概要は以下のとおり。

先ごろウィーンで開催された国際原子力機関の総会で、原子力・代替エネルギー庁(CEA)、フランス電力(EDF)、Naval Group社、TechnicAtome社の4者は、小型モジュール型原子炉(SMR)の共同開発プロジェクトである Nuward を発表した。加圧水型原子炉(PWR)技術に基づくこのソリューションは、300~400 MWe電力セグメントに関するもので、世界中で増大する、低炭素で安全、競争力がある電力市場のニーズを満たすように設計されている。

Nuward は、フランスにおける加圧水型原子炉の設計、開発、建設における50年以上のノウハウに支えられた技術の粋と、約2,000原子炉年に相当する運転経験から生まれた。
この実証された技術に基づく Nuward は、運用面や製品競争力に利する主要なイノベーション(統合設計のシンプルさとコンパクトさ、建設や運用面での柔軟性、世界最高の基準に基づく安全性に対する革新的なアプローチなど)を統合するモジュール型ソリューションになる。

[DW編集局+JSTパリ事務所]