[本文]

国名:
米国
公開機関:
環境保護庁(EPA)
元記事公開日:
2020/01/07
抄訳記事公開日:
2020/01/10
元記事の言語:
英語

★飲料水をPFAS汚染から保護するためのEPAの活動

Aggressively Addressing PFAS at EPA

本文:

米国環境保護庁(EPA)は、州や地域コミュニティがPFAS(一般的な家庭用品に大量に使用されている有機フッ素化合物の総称、難分解性で生物蓄積性が高く、健康への影響が懸念されている)に対処し、飲料水を保護するための包括的な計画を策定したと発表した。また、「地下水ガイダンス」を発行し、連邦法の対象となる特定のサイトがPFASで汚染された場合の省庁の対応方法を標準化し、濃度が70 pptを超えないことを保証するための改善目標の設定を明確にしている。

[DW編集局+SciREX編集局]