[本文]

国名:
米国
公開機関:
国家科学技術会議(NSTC)
元記事公開日:
2019/11/14
抄訳記事公開日:
2020/01/16
元記事の言語:
英語

「国家戦略コンピューティングイニシアチブ」の2019年改訂版の公表

National Strategic Computing Initiative Update 2019

本文:

2019年11月14日付けで国家科学技術会議(NSTC)が公表した標記記事の概要は以下のとおりである。

国家のコンピューティング環境は、新規の破壊的技術やデータ集約型アプリケーションの導入により、複雑かつ急速に進化している。この新たな環境に対応するために、「米国戦略的コンピューティング計画(2016年)」の更新が不可欠であり、科学技術政策局(OSTP)とNSTCの小委員会は2019年6月に戦略的コンピューティングに関する委員会を設立し、本イニシアティブを取りまとめた。本イニシアティブで特定された目標は次のとおりである。

1. 21世紀の科学技術的課題と可能性に対処するためのデジタル・非デジタルコンピューティングの新しいフロンティアを開拓する。
2. 国家のコンピューティングインフラとエコシステムを開発、拡大、そして前進させる。
3. 科学、技術、イノベーションにおける米国のリーダーシップを確保するために、コンピューティングの未来に向けたパートナーシップを構築・拡大する。

これらの目標に加え、科学的知識を拡大し、経済成長を可能にし、国家安全保障を向上させるための一連の勧告が含まれている。これらの目標と勧告は、公開の情報招請や専門家会合など、様々な手段を通じて、政府、学界、産業界との連携を通じて決定された。

[DW編集局+JSTワシントン事務所]