[本文]

国名:
米国
公開機関:
国防総省(DOD)
元記事公開日:
2020/05/02
抄訳記事公開日:
2020/07/02
元記事の言語:
英語

国防総省が5G 戦略を発表

Department of Defense 5G Strategy

本文:

2020年5月2日付で国防総省(DOD)は標記5G戦略を発表した。

5Gは重要な戦略的テクノロジーである。高度な通信技術とユビキタス接続を支配する国家が、長期的に経済的・軍事的優位性を持つことができる。進行中の5Gテクノロジーへの移行は、多面的な機会とリスクを生み出す。 DODの中心的な課題は、5G対応機能の開発と展開を加速すると同時に、これらのシステム(同盟国やパートナーのシステムも含めて)が堅牢で、保護され、回復力があり、信頼できることを確保することにある。5G戦略の主要なポイントは以下のとおり。

5Gの目標:
DODは、回復力があり保護された5G機能とスペクトルへのアクセスを必要としており、下記の国家的取り組みを支援する。

1.米国およびパートナーの5G能力の向上
米国およびそのグローバルパートナーは、世界で最も進んだ最高品質の5G製品を提供する。DODは5G機能が提供するユビキタス接続を利用する新しい作戦概念を開発・採用して、軍の有効性、回復力、スピード、および攻撃力を高める必要がある。DODは米国の情報技術およびマイクロエレクトロニクス産業の活力を活用して、これらの機能の設計、開発、製造、調達、および配備を加速する。

2. 国家安全保障に対する5Gリスクの認識向上
DODは、他の米国の省庁と協力して、同盟国やパートナーが、セキュリティ対応が不十分な、あるいは国家・非国家の主体による影響に対して脆弱なベンダーに依存することの国家安全保障上のリスクを確実に認識するようにする必要がある。

3. 5Gインフラとテクノロジーを保護するためのアプローチの開発
「5Gを保護するための国家戦略」(National Strategy to Secure 5G)に従って、DODは5Gの脆弱性を評価し、機器、アーキテクチャ、および運用のためのセキュリティ原則を開発する必要がある。ベンダーへの強制的なレバレッジや状態指示などの戦略的リスクに対処するため、DODは重要なコンポーネントのサプライチェーンへのリスクを最小限に抑える対策を取る必要がある。
この戦略により、次のような主要な成果が期待される。
•5Gによって強化されたDODミッション能力
•ユビキタス接続を活用する、保護され回復力のあるDOD能力
•混雑・競合の環境下でも、保証されたグローバルな周波数帯へのアクセス
•堅牢で回復力のあるマイクロエレクトロニクスコンポーネントとサプライチェーン
•5G開発と保護に関する国際パートナーとのより緊密な協力。

上記の主要な成果を達成するための必要な取り組み
1.技術開発の促進
2. 5Gの脆弱性の評価、緩和、および脆弱性を管理した運用
3. 5G標準と政策への影響
4.パートナーとの連携

[DW編集局+JSTワシントン事務所]