[本文]

国名:
ドイツ
公開機関:
ドイツ連邦教育研究省(BMBF)
元記事公開日:
2020/10/01
抄訳記事公開日:
2020/11/19
元記事の言語:
ドイツ語

大学医学ネットワークがCovid-19に関する研究活動を強化

Karliczek: Netzwerk Universitätsmedizin startet vertiefte Forschungsarbeit zu Covid-19

本文:

合計13の大学付属病院による横断的な合同プロジェクトによってCovid-19の治療成績を向上させることとなり、ドイツ連邦教育研究省(BMBF)はこれに関して概略下記のような報道発表を行った。

BMBFは「Covid-19に関する大学医学全国ネットワーク」によってドイツの大学病院における研究活動を結束・強化する。同ネットワークのためにBMBFは総額1億5,000万ユーロを提供する。ネットワークは大学病院横断的な研究プロジェクトをスタートさせる13の優先テーマを決定した。これに関してカルリチェク大臣は以下のように表明した。

「新型コロナ患者に最善の治療を施すための効果的なコンセプトを必要としている。パンデミックの蔓延を防ぐため最善の戦略を見つけ出さなければならない。本日、大学医学ネットワークから発表された研究活動が重要な貢献を果たすことを確信し、科学者の皆様にこの活動における大きな成果を祈念する。

この形態の大学医学ネットワークは他に類を見ないものである。全てのドイツの大学病院はこのネットワークの一部である。これら病院はCovid-19の治療に関する知識と経験を交換し、相互に学び合うことになる。共同で治療改善に関する緊急問題を解決し、患者最善のケアを確保するための治療戦略およびコンセプトを開発する。また、パンデミックをコントロールするための最善の方法を探求する。全ての関係者の不断の尽力に感謝する次第である。

背景:
ネットワークはできる限り多くの全ドイツの大学病院、そして可能であれば、その他の関係機関のデータ、知見、計画、診断治療戦略を収集・評価することを目標とする。知識、スキル、リソースを結集させることによって、大学病院が患者にできる限り最適なCovid-19患者ケアを提供するための体制とプロセスを創り出す。同時にケアに関する研究および実際に即した提言によってパンデミックマネジメントを支援する。

[DW編集局]