[本文]

国名:
英国
公開機関:
英国政府
元記事公開日:
2021/01/12
抄訳記事公開日:
2021/01/15
元記事の言語:
英語

★英国宇宙庁とロールス・ロイス社が原子力を利用した宇宙探査について共同研究を開始

Rolls-Royce and UK Space Agency launch study into nuclear-powered space exploration

本文:

英国宇宙庁とロールス・ロイス社は、宇宙探査に原子力とその技術を活用する方法について共同研究を行う。惑星科学者が協力して、今後数十年で深宇宙探査を可能にする、より豊富なエネルギー源としての原子力の画期的な可能性を探求する。原子を分裂させる際に放出される莫大なエネルギーをチャネリングして、水素のような推進剤を巨大な速度で加速することを含む原子力推進は、化学エンジンの2倍の効率で、化学推進宇宙船の約半分の時間、すなわち3〜4か月で火星に到達できる可能性がある。ソルウェイ科学担当大臣は「原子力は宇宙探査に変革をもたらす。ロールス・ロイス社との革新的な研究は、次世代の宇宙飛行士を宇宙により早くより長く滞在させることに役立ち、宇宙に関する我々の知識を大幅に増やす可能性がある」と述べた。

[DW編集局+SciREX編集局]