[本文]

国名:
英国
公開機関:
英国政府
元記事公開日:
2021/01/26
抄訳記事公開日:
2021/01/29
元記事の言語:
英語

★国連と英国が宇宙の持続可能性を促進するための協定に署名

UN and UK sign agreement to promote space sustainability

本文:

国連と英国は、将来の世代のために宇宙の安全で持続可能な利用を促進する協定に署名した。宇宙ミッションの複雑さの増大、大規模な衛星コンステレーションの出現、衝突のリスクの増大、これらはすべて、宇宙活動の長期的な持続可能性に影響を及ぼす。軌道上には約1億7,000万個の物体(主に破片)があり、我々の生活に不可欠な衛星と衝突する可能性がある。2019年、国連宇宙空間平和利用委員会(COPUOS)は、「宇宙活動の長期的持続可能性ガイドライン」(LTSガイドライン)を採択した。英国が国連宇宙局(UNOOSA)のプロジェクトに資金提供(8万5,000ポンド)することにより、国連はこの重要な問題について世界的な認識を高め、国際法に基づく宇宙空間のグローバルガバナンスを促進することができる。

[DW編集局+SciREX編集局]