[本文]

国名:
EU
公開機関:
欧州委員会(EC)
元記事公開日:
2020/12/08
抄訳記事公開日:
2021/02/02
元記事の言語:
英語

欧州地域開発基金と結束基金に関する政治的合意

Commission welcomes the political agreement on the European Regional Development Fund and the Cohesion Fund

本文:

2020年12月8日付欧州委員会(EC)の標記発表の概要は以下のとおり。

2020年以降の欧州地域開発基金(ERDF)と結束基金(CF)に関する欧州委員会の提案に関して、欧州議会(EP)とEU加盟国はこのほど政治的合意に達した。

2,340億ユーロ近くの予算(2018年価格)により、欧州地域開発基金と結束基金の規則では、(市民により近い)よりスマートで、より環境に優しく、よりつながりのある、より社会的な欧州への投資が可能になる。この規則により、EUは、欧州の地域やコミュニティにおける持続可能な開発と回復力を高めることで、現在の課題に対応できるようになる。

これらの基金は、特にイノベーションと起業、デジタル・グリーン移行、輸送ネットワークへの投資を支援する。

また、質の高い医療・教育・文化サービスへのアクセス提供、移民の統合、社会的排除への対処のために利用できる財政的手段により、誰も置き去りにしないことを目指す。

今回の合意の主たる要素は次のとおりである。

  • よりスマートで、より環境に優しく、よりつながりがあり、より社会的な欧州に貢献するための ERDF の投資分野。
  • グリーン(すべてに対して最低30%)、デジタル、革新的なEUのための欧州優先課題への基金の分野別集中。
  • 現場での投資を誘導するための広範な支援。
  • 農村地域、人口減少地域、自然のハンディキャップなど、開発課題がある地域への重点強化。
  • 持続可能な都市開発のための専用リソース(ERDF割り当ての8%)。
  • 欧州都市イニシアチブ:欧州委員会が都市や街に提供する既存の支援制度を合理化するための新しいツール(知識、能力開発、イノベーション)。
  • 地域間イノベーション投資:研究・イノベーションの卓越性を育成する地域協力の新たなイニシアチブ。
  • 最も外側の地域のニーズに対応する特定の追加的資金配賦による広範な支援。

[DW編集局]