[本文]

国名:
米国
公開機関:
エネルギー省(DOE)
元記事公開日:
2021/01/28
抄訳記事公開日:
2021/02/05
元記事の言語:
英語

★DOEが次世代スーパーコンピューターに科学ソフトウェアを適応させる研究に1,200万ドルを提供

DOE to Provide $12 Million for Research on Adapting Scientific Software to Run on Next-Generation Supercomputers

本文:

米国エネルギー省(DOE)は、科学ソフトウェアを次世代の強力なスーパーコンピューター上で動作するように適応させることを目的とした研究に、最大1,200万ドルを投資する。DOE科学局長代理のビンクリー博士は「次世代のスーパーコンピューターは、我々がエクサスケールコンピューティングの時代を超えて進むにつれて、科学的調査と発見の能力を大幅に向上させる。これらの機能を利用するには、根本的に新しいコンピューティングアーキテクチャとプログラミング環境に適応する必要がある。研究は、非常に体系的な方法でこれらの課題に取り組むことを目指している」と語った。目標は、次世代プラットフォームへのソフトウェア移行の労力を削減し、科学ソフトウェアと新しいコンピューティングプラットフォームの潜在能力を最大限に引き出すことにある。

[DW編集局+SciREX編集局]