[本文]

国名:
米国
公開機関:
環境保護庁(EPA)
元記事公開日:
2021/01/05
抄訳記事公開日:
元記事の言語:
英語

EPAが規制措置の基礎となる科学の透明性を強化するための規則を策定

EPA Finalizes Rule Strengthening Transparency in Pivotal Science Underlying Significant Regulatory Actions and Influential Scientific Information

本文:

2021年1月5日付けの米国環境保護庁(EPA)による標記記事の概要は以下のとおりである。

本日、EPAは、重要な規制措置および影響力のある科学的情報の透明性を強化するための規則を発表した。本規則の透明性に関する規定は、連邦政府、EPA、および科学界におけるデータ共有の取組みに基づいており、EPAの目標である透明性の向上に向けた漸進的な進展をもたらすものである。

本規則は、EPA が重要な規制措置を公布したり、影響力のある科学的情報を作成したりする際に、基礎となるデータが検証に十分な方法で入手可能な研究をより強く考慮することを定めるものである。本規則は、個人識別情報(PII)または企業秘密情報(CBI)の公表を要求するものではなく、また、重要な科学の基礎となる PII/CBI データを収集、保存、または公表することをEPAに要求するものでもない。本規則はEPAの内部手続規定であり、第三者の行動を指示するものではない。

本規則は2018年4月30日に提案された。2020年3月3日に、EPAは規則案の補足通知を発表し、2018年の規則案の特定の用語および側面について明確化した。

[DW編集局+JSTワシントン事務所]