[本文]

国名:
EU
公開機関:
欧州委員会(EC)
元記事公開日:
2021/02/16
抄訳記事公開日:
2021/02/19
元記事の言語:
英語

★EUがより革新的でエネルギー効率の高い製品を推進するためにEUエネルギーラベルを改善

In focus: The improved EU energy label – paving way for more innovative and energy efficient products

本文:

EUエネルギーラベルは、電球、テレビ、洗濯機等の家庭用品のエネルギー効率を明確かつ簡単に示すもので
25年以上にわたり、消費者の情報に基づいた選択に役立ってきた。2019年のEU全体の調査では、消費者の93%がラベルを認識し、79%が製品購入の決定に影響があったと確認している。ラベルは、製造業者が上位のカテゴリー評価を得るために、製品のエネルギー性能を改善する主要な推進力ともなっている。ラベルは今後数年間で、消費者がより理解しやすく、またさらに革新的でエネルギー効率の高い製品を推進するために、2021年3月1日から、現在のA +++からDまでのエネルギークラス分けを、A(最も効率的)からG(最も効率的でない)までの新しいより単純なスケールに徐々に置き換える。

[DW編集局+SciREX編集局]