[本文]

国名:
米国
公開機関:
国防総省(DOD)
元記事公開日:
2021/01/11
抄訳記事公開日:
2021/02/25
元記事の言語:
英語

DODのミッションをサポートする5Gシステム開発チャレンジの設計を開始

Department of Defense and Department of Commerce Explore 5G Challenge to Develop Open 5G Systems

本文:

2021年1月11日付けの国防総省(DOD)による標記記事の概要は以下のとおりである。

DODは、商務省(DOC)の国家電気通信情報局(NTIA)と連携し、DODのミッションをサポートできるオープンな5Gエコシステムの開発加速を目的とした、新しい5Gチャレンジの調査に関する照会通知(NOI)を発表した。NTIAの通信科学研究所(ITS)は、このNOIを発表し、今後のチャレンジに向けて一般からの意見を募集している。5Gチャレンジは、ソフトウェア開発と通信技術コミュニティの革新的な能力を活用して、5Gプロトコルスタックソフトウェアに焦点を当て、エンドユーザ機器、無線アクセスネットワーク、コアネットワークを含む5Gシステムのよりオープンな実装を目指すものである。

NOIでは、チャレンジにおいて、参加者間の協力、協調、相互運用性を確保するためのインセンティブをどのように設計するか、また、5Gチャレンジの成功した革新的な対応のための指標をどのように定義するかを求めている。DODは、軍事ネットワークのニーズに合わせて5G技術を完全に活用するために米国とパートナーの能力を向上させることを目標に、5Gを重要な近代化優先事項として設定している。DODは、最先端の試験・実験サイトを通じて、5G技術とDODのミッションにおける5Gの使用を加速させ、5Gネットワークを保護するとともに、安全性が確保されていないネットワークを介して運用できる能力を開発し、5Gの次世代の革新的技術に投資していく。

[DW編集局+JSTワシントン事務所]