[本文]

国名:
英国
公開機関:
英国研究・イノベーション機構
元記事公開日:
2021/03/02
抄訳記事公開日:
2021/03/05
元記事の言語:
英語

★UKRI施設の脱炭素化支援に800万ポンドの助成

UKRI secures £8 million to help decarbonise its estate

本文:

英国研究・イノベーション機構(UKRI)は、保有する施設のエネルギー効率を改善し、炭素排出量を削減するために、政府の「公共部門脱炭素化制度」から800万ポンドの助成金を授与された。UKRIは、2020年4月に「環境持続可能性戦略」を発表し、20年以内に炭素排出量を「ネットゼロ」にするという目標を設定している。今回の助成金は、UKRIが2040年までに炭素中立になるという目標を達成するための重要なステップである。ソーラーパネル、ヒートポンプ、断熱材、LED照明の設置等の様々な省エネプロジェクトが開始され、UKRIは、CO2換算で年間1,100トンのの総排出量を削減できると推定されている。資金提供の恩恵を受ける対象サイトは、英国地質調査所(BGS)(自然環境研究会議)、ロンドン医科学研究所(医学研究会議)等である。

[DW編集局+SciREX編集局]