[本文]

国名:
ドイツ
公開機関:
ドイツ連邦教育研究省(BMBF)
元記事公開日:
2021/03/01
抄訳記事公開日:
2021/03/05
元記事の言語:
ドイツ語

★ドイツにおける「識字能力と基礎教育の10年間」の取り組み

Karliczek/Ernst: „Lesen ist das Tor zur Welt – auch zur digitalen Welt.“

本文:

ドイツで620万人の成人が読み書き困難との報告があり、連邦政府、州、パートナーは、2016年から2026年までの「識字能力と基礎教育の10年間」(AlphaDekade)の期間に、ドイツの成人の識字能力と基礎教育レベルの向上に取り組んでいる。期間の中間年にあたり、連邦教育研究省(BMBF)のカルリチェク大臣は、「最新の調査では、人口の70%以上が、読書が特に重要なスキルであると考えているが、成人の10人に1人が読書にストレスを感じている。すべてのドイツ国民が十分な読解力を有しなければならない。読み書きが困難な人々のために数多くの対策と必要に応じたオファーを開発してきた。これにより、スキル向上のためのサポートを強化していく。今後5年間で、実績のあるオファーをさらに拡大すると同時に、スキルが低いできるだけ多くの人に、革新的な方法で対応していく」と語った。

[DW編集局+SciREX編集局]