[本文]

国名:
米国
公開機関:
エネルギー省(DOE)
元記事公開日:
2021/01/19
抄訳記事公開日:
2021/03/15
元記事の言語:
英語

エネルギー省と国防総省が宇宙協力に関する覚書に署名

Department of Energy and Department of Defense Sign Memorandum of Understanding on Space Cooperation

本文:

2021年1月19日付の米国エネルギー省(DOE)による標記発表の概要は以下のとおり。

米国エネルギー省(DOE)のマーク・メネゼス副長官と国防総省(DOD)のデイビット・ノークイスト副長官が覚書(MOU)に署名した。この覚書は、米国の国家宇宙政策目標を支援して、宇宙関連の研究および技術開発に関するDOEとDODの間の長年のパートナーシップを確認・強化することへの、相互の関心を確認するものである。

この合意は、2020年10月にDODで開催された宇宙技術ミニサミットの一環として最初に議論されたもので、米国の国家宇宙政策の優先事項を広範にサポートし、2つの省の間の数十年にわたる宇宙協力を深化させる。

MOUには、宇宙での推進力と電力、未来の産業に関連するデュアルユースの重要・新興技術(人工知能(AI)/機械学習(ML)、量子情報科学(QIS)、通信インフラ、未来のコンピューティング・エコシステム、自律型または遠隔操縦車両)、および宇宙における国家安全保障に関する相互の関心分野に焦点を当てた協力が含まれる。目標には、また国家の宇宙イノベーション基盤の強化と、DODとDOEの研究所および施設間の科学的交流の深化が含まれる。

両省の協力をさらに成功裏に実施するために、MOUは、両省間の上級レベルのエグゼクティブフォーラムの創設を求め、上級レベルの作業部会を設立し、宇宙における国家安全保障分野でのさらなる協力に向けた今後の両省共同プログラムの枠組みを提示する。

[DW編集局+JSTワシントン事務所]