[本文]

国名:
米国
公開機関:
エネルギー省(DOE)
元記事公開日:
2021/03/15
抄訳記事公開日:
2021/03/19
元記事の言語:
英語

★DOEがクリーン水素技術開発に200万ドルを授与

U.S. Department Of Energy Awards $2 Million To Develop Clean Hydrogen Technologies

本文:

米国エネルギー省(DOE)はクリーン水素生産技術を推進する研究開発プロジェクトに200万ドルを授与する。DOEの化石エネルギー局(FE)の資金提供により、4つのチームが、林業や農業からの廃棄物などの持続可能な原(材)料を使用した共ガス化技術に取り組む。選択されたプロジェクトは、(1) オーバーン大学:選択された原料混合物のガス化性能の研究、(2) Electric Power Research Institute社:石炭、バイオマス、廃プラスチックの混合物を使用した、移動床式ガス化装置の試験、(3) ケンタッキー大学研究財団:疎水性層カプセル化バイオマス製造による、石炭、バイオマス、プラスチックの混合燃料の開発研究、(3) ユタ大学:石炭、バイオマス熱分解液、および液化プラスチック油のスラリー作成によるバイオマスと廃プラスチックの共ガス化、の4つである。

[DW編集局+SciREX編集局]