[本文]

国名:
英国
公開機関:
英国政府
元記事公開日:
2021/03/22
抄訳記事公開日:
2021/03/26
元記事の言語:
英語

★研究者のために官僚主義的手続きの削減を目的とした独立したレビューの開始

Review launched to reduce red tape for UK researchers

本文:

政府は、研究者を官僚主義的手続きから解放するための方法を特定するために、英国の研究官僚機構について、独立したレビューを開始する。サセックス大学の副学長のアダム・ティッケル教授が率いるレビューは、英国の研究システム全体で官僚主義がはびこる理由の特定を目指す。多大な時間を必要とする管理上の要求を減らし、研究者が世界レベルの研究ができるようにするための推奨事項を提供する。これにより、研究者は知識を生み出し、チームを組織・指導し、広範な研究コミュニティに対して全面的に貢献することができる。英国中の研究者が直面する官僚的な問題(たとえば、詳細な財務知識を必要とする過度に複雑な助成金フォーム、研究者が利用できる資金についての明確さの欠如、同じデータを複数回提出する必要性等)に対する実際的な解決策を目指す。

[DW編集局+SciREX編集局]